専業主婦カードローンlife TOP > 主婦カードローンの豆知識 > 昔の借金と現在の主婦カードローン

昔の借金と現在の主婦カードローン

629fb598a983a720dde3aa07b193ffc2_m
 
いつの時代でも、借金をしなければ間に合わない人が出てきます。
お金がなくて借りるには親戚知人あるいは大家さんなどに借りていましたが、恥ずかしい思いと屈辱に耐えながらの借金でした。
 
ちなみに、昔は家を借りている人のことを「店子」といって、大家さんが店子にお金を貸したり、色々な面倒をみていたものでした。
 
江戸時代の武士は年貢収入が減ってお金に困ると高利貸に借りていましたが、高利の金利で苦しむ領民を救うため、幕府や藩が金融業に乗り出しています。
 
農家はというと、田畑は担保価値がなく家族(主に娘)を担保に借金をしていて、
常に例外で苦しむ東北地方では、娘を担保にというより金貸しに売られていきました。
 
江戸吉原の遊郭の女性の多くが、東北地方の貧しい農家から売られてきていました。
娘が年頃になっていない場合は、下働きとしてお勝手や掃除の手伝いをして、年ごろになったら店に出されていました。
 
江戸時代の終わりには「質屋」というのが出来、着物や家財道具を担保にお金を借りていました。
サラリーマン金融の元となっているのが質屋です。
 
質屋に借りたお金が返せなければ、担保の品は返してもらえません。
質屋が火事になったときや盗難に遭うと借主は物品を損失ということになっていました。
 
親戚や知人から借りるにも、金貸し業から借りるにも大変な思いをしていた借金ですが、現在では誰にも知られず、恥ずかしい思いをすることもなくカードで簡単に借りることが出来るようになっています。
 
収入のない主婦でも銀行や、あるいは銀行系のカード会社から借入ができるのが「主婦カードローン」です。
 

審査の際に注意すること
様々な条件で借りる
お悩みや疑問を解決
カードローンの豆知識
専業主婦におすすめ
パート主婦におすすめ

このページの先頭へ